フリスビーの裏話w

9 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさま、おこんにちはw ←ちょっと言い方変えてみただけw

「フリスビー」という名は商標登録されているので、フライングディスクと
呼ばれることもありますが、どちらもプラスチック製の円盤状の玩具ですw

ワーム・オーという会社が商標登録して、世界に売り出しました。
この会社の副社長のエド・ヘドリックは国際フリスビー協会を発足させる
ほど、フリスビーの普及に貢献した人物でした。

フリスビーを愛したヘドリックは、死後も宙を舞っていたかったんでしょうね。くるくるピューってw
彼の遺言は「自分の遺灰でフリスビーを作り、飛ばしてくれ」というものだったらしいです。(◎_◎;)

遺族は遺言を実行し、ヘドリックの遺灰とプラスチックを混ぜ、遺灰入りのフリスビーが1000枚作られました。
2枚セットで200ドルという値段に関わらず、あっという間に売れてしまったんだそうですよw

う~んwすごいよね!!

余談ですが「宅急便」はクロネコヤマトが商標登録しているため、他の運送会社は「宅急便」という名を使えず「宅配便」なんですよw
ジブリの「魔女の宅急便」VSクロネコヤマトの話は有名ですね。平和的に解決したらしいですけどww

では、まったねぇ~!


FC2ブログランキング



  ←応援お願いいたします。ポチッとしてください。
ページトップ